健康な組織や細胞を構成する素粒子は、固有の周波数によって正常に振動しています。この振動、固有の周波数が乱れると病気や様々な症状が発生します。
量子力学の研究が進み、細胞やそれぞれの組織に固有の振動数があること、カラダからは常に電磁波や光を発信していること、これらが乱れることで病気が発生していることなどが明らかになってきました。インターネット上に公開されている情報をまとめて見ましたので是非ご一読ください。
音と病気の関係を示す驚異的な発見 : 人間の細胞は「音を発している」。そして「ガンになると細胞の音の調和が崩壊する」ことを米英の研究者たちが突き止める
https://indeep.jp/cells-harmony-becomes-cacophony-when-in-cancer/
米マサチューセッツ工科大学の科学者たちが「音と光だけ」を用いてアルツハイマー病での脳内プラークを消した
https://indeep.jp/cleared-alzheimer-s-plaque-using-only-light-and-sound/
音楽を聞いた「がん細胞」が9分で死滅… 非物質科学の治療が超進展! 想いや祈りの物理作用も証明へ!
https://tocana.jp/2020/01/post_131685_entry.html
【重要】 ピタゴラスが2500年前に述べた「病気は音で治療できる」という主張に対しての本格的な試験が始まる。現段階でわかっていることは、細胞内のひとつの繊毛が周波数に対して反応するということ
https://indeep.jp/sound-is-medical-its-truth/
音を「聞かせる」ことで“がん細胞”だけを破砕する技術が開発される
https://nazology.net/archives/50253

お気軽にお問い合わせください。090-3920-1221受付時間 10:00 - 20:00 [ 土・祝日除く ]

お問い合わせはこちら